読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hiro-shugo’s diary

グダグダ雑談日記

こんな内容もありだよね?

どもどもー

しゅーごっす

 

 

毎回の記事の更新でしようしている言葉

どもどもー

ってのは

割と自分の中で気に入っているフレーズなのです!

内容に入るときの内容として相方さんは毎回自分の紹介的な内容を混ぜてるけど

僕は自分の紹介をまとめてやろうと考えてるのですよ(いつになるかわからぬ)

 

毎回更新時間の違う僕にはどもどもーっていう言葉がぴったしな気がするのですよ

ってことなので気が済むまではどもどもーっていう言葉を使い続けます

 

さてさてーーーー

本日の内容に入っていきますよ(*^^*)

(初顔文字使用ですよーーーーレアですよ)

 

今回の内容はタイトルを見ても内容が入ってこないですな

カテゴリでばれてるか・・・

 

 

政治とか経済の内容なのか怪しいけど

PSVRと教育の改善について言いたいことがあるのです

 

 

まずPSVRについて

ゲームでできることが増えるということは素晴らしいと思う

どんどんアニメや漫画の世界だったことが現実にできるようになっててすごい!

 

でも

どんどん人が外に行くことが減りそうだなーっと思う

人とかかわることをあきらめる人が増えそうだ

こーゆーことは使う人次第でかわることだということは言われなくてもわかる

それでも

引きこもりという人が増えそうだと感じているのは僕だけではないと思う

っというかゲームを批判する人たちはそんな風に考えているのではないのか?

 

その辺のことがどうなるのか気になるのですな

娯楽が増え楽しい生活が送れることができかつ

少子化問題とかとかーを解決するのは難しくても

ゲームというものを使ってこの世界が少しでも良くなってくれたらいいなーっと

願っていますよ

 

 

次々ー

教育について言いたいことがある

ゲームの話より大事なのです!!!!

 

さて

僕自身は公立の中学校・高校の出身なのですが

別に僕は私立に行きたいと考えてはなかったので良いのですが

金銭的な問題で思い通りの進路に行けなかった人も中にはいるのでしょう

公立の学校では基本的に成績の良い人たちをないがしろにしているように感じるのです

これは僕が考えすぎているだけかもしれないので

そーゆー考え方もあるのかー的な感じで見てくださいな

 

さて

成績の良い人をないがしろにしているように感じるという話なのですが

基本的に

中学校や高校では全体の成績の上3分の1あたりから真ん中の成績に当たる人を基準にして授業を行っているように感じます

成績の悪い人に対しては強制的に朝や放課後に補習授業という形で追加で授業を行っているところが多いのでしょう

となると

やはり成績上位者はないがしろにしてるといえるのではないでしょうか?

確かに

成績上位にいる人は僕のしる限り自身から職員室に行き

質問をしに行っている人が多かったと思います

自分たちの方から来てくれるのだから特別何かをしなくてもいいと感じているのかもしれません

 

しかし

自主性に任せるということも大事ですが教育現場では生徒すべてに平等に接するべきなのではないのか

成績上位者に対して何か行うべきだと僕は感じています

 

こんな内容を書くのだから僕は成績が良かったと感じてますか?

 

残念ながら僕は成績が良い方ではなかったので高校や中学のときにこーゆー風に感じたことはないのです

偉そうなことを書いてすまないね

 

一応

教員免許を取得しようとしているという立場から感じたことを書かせていただきました

 

以上

なんとなく僕らしくない重苦しい内容な気もするけど

こんなまじめな内容も悪くはないよね?

 

次は軽ーい内容を書いていくのさね

 

ではではー