読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hiro-shugo’s diary

グダグダ雑談日記

白い部屋①

僕はニート

年齢もアラサーで高校卒業後1度も働いていない。

 

常に部屋に引きこもってゲームをするだけの生活を行っている。

 

 

しかし、そんな状態も長くは続かなかった。いや、今考えると結構続いていたのかもしれないが、、

 

結論から言うと僕はついに親から家を追い出されたのだ。

 

手元にあるのは追い出される直前に掴まされた泣けなしのお金のみ。

 

これで宿をとりつつ、日雇いの仕事を探せということだろうか?

 

 

しかし、長年部屋に篭っていた僕にとって、外は地獄そのもの。仕事をするなんて以ての外だ。

 

僕は人目と太陽の光を避けるように近くのネットカフェに向かって猛スピードで歩いた。

 

そして、扉をくぐり、中に入るのだが、、、ほら、すぐこれだ。

僕の顔を見るなり店員の表情が歪む。

 

引きこもり生活をしていた影響で、ヒゲもさもさのフケだらけと汚らしい姿をしているのは認める。

 

しかし、客相手にその態度はないんじゃないかな?

 

会計をするところでわざとらしく、フケだらけの髪の毛をかいてやる。

 

ザマァみろってんだ。

 

僕は部屋の鍵を受け取るとお金をわたし、個室に引きこもった。

 

 

部屋にあるpcをつけると、早速【高額収入 楽 バイト】と検索。

 

ネットカフェで生活するのにもお金がかかるため、何か仕事をしないといけないのも事実としてある。

 

治験など、危険な仕事も出てくるがそんな危険なことはやりたくない。

 

理想はほぼ何もしなくて、日に1万ほど稼げる仕事。

 

甘い考えだと、さすがに引きこもりの僕でも自覚はしているが、今更今までの生活を崩すことができない僕は次々とページをクリックしていく。

 

 

されど、中々条件に合う仕事は見つからない。

 

そんな作業を行うこと約3時間、ついに良さげな仕事を見つけた。

 

 

________________________________

アルバイト募集

 

仕事内容:外部との連絡を一切断ち、白い部屋の中にいるだけ。中でゲームでも何でもしてもらって構いません。任期終了まで絶対にやめない方募集

 

任期:初仕事日から1年間

 

報酬:1000万円

 

待遇:毎日三食用意。味は保証します。

 

連絡先:〇〇〇-××××

 

________________________________

 

 

部屋にいるだけで何もしなくていい。

食事付きで年収1000万。

 

なんだ、これ?

ニートの僕にとって天職じゃないか!?