読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hiro-shugo’s diary

グダグダ雑談日記

あしたはれたら死のう

 こんにちは!

中の人のヒロです。(腹筋が割れ始めた方)

 

今日も小説の紹介をしていきたいと思います。

 

本日紹介する作品はこちら!

 

 

 【あしたはれたら死のう】です。

 

櫻子さんシリーズでお馴染みの太田紫織さんの作品です。

 

最初このタイトルを見たときは、今から死にに向かう人の物語なのかなと思いましたが、読んでみると真反対。

 

 

主人公がある意味すでに死んでる状態から始まりました。

 

 

ある男の子と飛び降り自殺をした影響で、偶然命は助かるもそれまでの記憶がなくなっていたのです。

 

 

少し前までの記憶はあるので、自分がどこの誰か分からないとまではいかないが、自分が自殺をしようとした原因は不明。

 

 

その謎を解き明かすべく、学校に復帰し、自らの謎を見つけ出そうと奮闘します。

 

 

 

では、あまりネタバレをしすぎてもあれなので、前置きもここまでにして、そろそろこの作品のオススメポイントを上げて行こうと思います。

 

 

1.全く違うの作品なのに【君の名は。】に近いもの を感じなくもない

 

この作品は言ってみれば、自分の知らないもう1人の自分に会いにいく話です。

これだけ聞くとあの話題作となった【君の名は。】を感じませんか?

もちろん、中身は全くの別物ですが、なんだか読んで見て【君の名は。】を、また見たくなってきました。

 

 

2.死んだ理由

記憶を無くした女の子はとてもじゃないが、自殺をするような人間ではなく、クラスでは支配者層にいたような人間。

そんな人間が何故、自殺を選んだのか?

一緒に自殺した男の子に殺されたのか?

それとも殺して、そのあと自らも飛び降りたのか?

と作品を読みながら、妄想を膨らますことができました。

結論はここでは伏せておくので、知りたければ是非読んでください。

 

 

3.あしたはれたら死のう

何故、明日晴れたら死ぬのか?

命をかけたゲーム?

それとも晴れたら宇宙人が侵略してくるのか?

タイトルだけを見ればその意味が分からず「は?」となりますが、その意味を知ったときおのずと感じるものがあります。

 

 

是非読んで見てください。

オススメです。