読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hiro-shugo’s diary

グダグダ雑談日記

三日月⑩

小説

車の中はそれを境に無言が続く。

 

なんとなくだがママの気分は分かる。


そりゃあ複雑だよね。

 

あと三ヶ月で死んじゃう娘が他人の手術を応援するなんて……


でも私は神崎君には生きて欲しいんだ。

 


病院に着くと、私はママの付き添いで神崎君の部屋へと向かう。


ドアを開けるとそこにはきちんと神崎君がいた。


会うのは久しぶりだ。


「こんにちは、神崎君」

「おぉ、御堂か? 退院したんだってな」


「うん……」

 

ママは気を使ってるのか病室には入ってこない。

 

ただやっぱり待たすわけにはいかない。

私は本題に入った。


「明日、手術だよね。応援してるから頑張ってね。今日はそれだけ言いに来たの」


私はそう言って病室を後にする。

しかし、直前で神崎君に呼び戻された。


「ちょっと待って。迷惑じゃなかったら、あさ……明後日、学校が終わったらまた来てくれないかな。御堂に言いたいことがあるんだ」

 

神崎君の双眸が私に突き刺さる。

とても真剣な表情……

 

私はそんな神崎君に対し頷くと、今度こそ病院を後にした。

 

 

帰りの車の中。

行きと同じ静けさが車内を包む。

しかし、それを打ち破るかのように、突然ママが話し掛けてきた。


「ねぇ、恋歌?」

 

「何? ママ」

 

「あの神崎君って子は恋歌の彼氏なの?」


何を言い出すのかと思ったら、そんなことか……


「違うよ。病院行く前にも言ったけど彼とは友達」


「そうなの…… じゃあ好きな人なの?」


本当ママは勘が鋭い。

 

私はとりあえず否定した。


「違う。私は好きな人なんていない」


これは自分の願望だ。

 

好きになっても辛くなるだけ……

恋なんてしたくなかった。


「嘘、何年あんたの親やってると思ってんの? 自分に正直になりなさいよ」

 

分かってる。分かってるよ。


私だって彼に告白したいし、付き合ってキスとかもしたい。

 

でもそれは彼にとって迷惑なことなの……


私はだんまりを決め込め、何も喋らない。

 

ママも何かを感じとったのかそれ以上追求して来なかった。

 

 

 

 

 

 

次の日

 

私は授業に集中しきれず、ずっと病院の方角を見ていた。


前までの私なら夢のために精一杯授業を受けていたんだろうけど、もう関係ない。

 

仮に予定より長く生きれたとしても流石に2年は無理だ。それならたとえ意味がなくても、自己満足でいいから彼を応援したい。


私は先生に注意されようが気にせず、神崎君のことを考える。

 

手術が始まる時刻には手を組み、お願い――また手術が終わるころには、ずっと携帯と睨めっこだ。


しかし、その連絡は中々こず、とうとう時刻は夜

 

早く寝ないとただでさえきつい日常がさらに大変になる私。結局その日は不安の中眠るしかなかった。

 

 


夜が明け、日の光によって目が覚めると、私は早速携帯を見た。

白い携帯の先端から光るランプ


メールが来ている。

私はすぐにメールを開いた。


―――――――

夜遅くにごめんなさい。
看護婦さんの目を盗んでメールしてます。

手術成功とだけ報告を

―――――――

 

 

――良かった

と私は胸を抑える。


一昔前は彼の臆病さを情けなく思っていたのに、なんだか不思議な気分だ。

 

今日は彼の病院に呼び出された日

しっかりと祝福してあげよう。


私はフフッと笑うと顔を洗いにいくのだった。

 

 

そして放課後

ママは私が言うまでもなく車を病院に向けてくれた。


どうやら前回病院に行った時、私達の会話を立ち聞きをしていたらしい。


私は病院に着くと、自身の許す限り可能な速度で移動した。


「おめでとう」

 

私は部屋に入るとゆっくり息をととのえ、神崎君にそう告げた。

 

神崎君はそれを聞いて、こちらを振り向く。


「ありがとう。そこに座って」

 

神崎君は術後とは思えないほど、元気みたいだ。

 

しかし、身体に繋げられている管が酷い病気だったことを物語っている。


私はそんな神崎君を見ながら言われた通り椅子に座った。