読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hiro-shugo’s diary

グダグダ雑談日記

水の間⑦

小説

しかし何か引っ掛かる。


いくら何でも安直過ぎないか?

 

アナグラムの存在に気がつかなかった俺が言うのも何だが、参加者の半分以上が死んでるこのゲーム


隆也君の考えを否定するわけでは無いが、まだ何かあるような気がする。


アナグラムは有名な手法。三人一組のゲームならもっと多くの人が気付いてもおかしくないはずだ。

 

俺は喜ぶのもつかの間


すぐに思考をさらに張り巡らす。


水は止まらない


一体何処に引っ掛かっていると言うのか?


俺は天井、プラグ、水と順番順番に部屋を見ていく。


そして俺はある所に目が着いた。


――もしかして!!


「隆也君、ちょっとそれ差し込むの中止っ!」


俺は隆也君からプラグを奪い取り、それの先で壁を引っかく。


危なかった。俺の推測が間違いでないならば、もしあのまま差し込んでいたら俺たちは死んでいた。


あとボーダーまで6センチほど

まだ間に合う!


「何するんですか!?」


隆也君が叫んで来るが、今は時間がない。俺が思いついたこともあくまで推測の域。その推測が正しいか検証する必要がある。


俺は出来るだけ簡単に伝えたい事を口にする。


「ちょっとある可能性が出て来た。俺が

合図したらそこから1分、心の中で数えてくれ」


「ちょっと、どういうことだよ!?」


「説明する時間がない。頼む!!」


俺の必死の形相に隆也君が怯む。


あとボーダーまでは約5センチ


「スタート!」

俺は合図を送ると同時に自らも1分を測り始めた。 

 

(1……2……)

俺はゆっくりと60を数えていく。


脈拍が早い人は一般的に時間を早く数え、遅い人はゆっくり数えるという。


今の現状、脈拍が速くなっていないわけがない。


ここで速すぎる時間計測は命取り。出来るだけ自分を落ち着かせ、一つ一つ丁寧に数えていく。


(30……31……)


一分まで残り半分。


水かさは少しずつだが、残酷なことにも増えていく。だが同時に自らの予想は確信へと変わっていく。


(43……44……)


「一分です」


(45……)


「俺も!」


しかし油断は禁物。1度決めた時間だ。とにかく最後まで測り続ける。

流石、ゆっくりを意識しているだけあり、数えるのが遅い。

いや勿論、隆也君達が数えるのが早かったという可能性もあるのだが、そんなことは些細なものだ。


2人はすでに一分を数え終え、待つ形となり、そわそわとした表情をしているが、だからと言って数えるスピードは早めない。

 

とにかく、まだ若干にだが、壁には余裕がある。


俺はそれを確認した後目を瞑り、さらに慎重に数を数えていく。