読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hiro-shugo’s diary

グダグダ雑談日記

MS面接②

そして人数が揃ったところで面接が始まると思いきや、、

 

 

 

突如の企業説明会

 

 

 

いや、確かにね。

どんな仕事をするかとか詳しく聞きたい思いはあったけれども、面接の予定を入れて着てみれば突然の企業説明会。

 

まぁ、予想を全くしてなかったって言うと嘘になるけど、これは少し予告しておいて欲しかったかな。

 

 

まぁ、そこから普段の仕事内容とか色々教えてくれるんですけど、やっぱりさすが天下の大企業なんですよね。

 

こう言っちゃあ他の企業の方に悪いんだけど、プレゼンがめちゃくちゃうまい。

 

 

どこがどう上手いとかは時間が経ちすぎたせいで覚えてないから、説明できないけど、とにかく話に引き込まれたことだけは覚えている。

 

 

そして、説明会が終わると2枚の紙を渡される。

 

1つは交通費精算。

もう1つは希望職種ならびに次回面接日程のアンケート。

 

 

私はとりあえずそれを書いていくわけだが、その間に今後の予定っていうか、その後の流れについて説明された。

 

面接官5人で15人の個人面接。

 

一人当たり30分(もしかしたら違ったかも、これ以下ではない)だから1番最後の人は1時間、その場で待機。

 

幸いか不幸なのかは定かではないが、私はその中でもトップバッターだった。

 

しばらくして、面接官がやってきて、名前を呼ばれ別室に案内される。

 

道中、飲み物も頂いた。

 

 

そして、個室に始まると早速面接が始まる。

 

 

面接内容はハッキリと覚えていないから、端的に説明するが、よくネットで上がってるような知能を試す質問はなかった。

 

1つ変わった質問があったとすると、

 

『あなたの人生について教えてください』

 

これだ。

 

いきなりそんな質問をされた私は思わず、顔をしかめてしまった。

 

質問の意図も過去なのか未来なのかも分からないし。

 

ちなみに質問の意図が分からず、正直に尋ねたところ返ってきた答えは、やはり過去も未来も構わず、幼い頃の人生から今後のビジョンまで答えてくれとのことだった。

 

 

 

そして、そんな波乱万丈な面接も終え、説明会のあった部屋に戻ると、談笑してる他の人達。

 

これを見た時はトップバッターじゃないほうが、良かったかなと思いました。

 

 

そして、帰宅の準備を済まし、同時刻に面接が終わった数人とエレベーターへ。

 

 

そこでお土産として、マイクロソフトのトランプをいただきました。

 

 

 

そして、それから約2週間ちょっと。

 

1週間で連絡が来ると思っていたのに、一切来ない連絡。

 

痺れを切らして、こちらから問い合わせることも考えていると、ついに連絡が。

 

 

結果は不合格

 

 

まあ、面接はなんの手応えもなかったですし、仕方なかったです。

 

 

 

日本マイクロソフトを受けて感じたことよまとめとしましては

 

連絡が来るのが全体的に遅い。

喋るのが上手い。

仕事楽しそう。

職場が宇宙

 

 

ってところですかね。

受けてみる人は是非参考にしてください