読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hiro-shugo’s diary

グダグダ雑談日記

君を愛したひとりの僕へ

こんにちは!

中の人のヒロです(櫻子さんのドラマの配役に不満がある方) 

 

今日もいつも通り小説の紹介をしていきたいと思います。

 

本日紹介する作品はこちら!

 

 

 

 

『僕が愛した全ての君へ 』と『君を愛した1人の僕へ』です。

 

これらの作品は二部作となっており、どちらから読み始めても話が分かる作品となっております。

 

また、読む順番によって物語での感じ方も違う風になってるかも?

 

 

今日はそんな2つの作品をセットで紹介していきます。

 

 まずは簡単なあらすじから

1.僕を愛したすべての君へ

並行世界が立証された世界。

そんな世界で主人公の暦は和音と出会う。

なんとその和音は遠い並行世界から来た子で、その子と親身に話していくうちに、段々と心が、、

 

そして時が経ち、同一世界の和音と付き合い始めるが、並行世界の和音も同じように愛していいのか、悩み始める。

 

2.君を愛した1人の僕へ

並行世界が立証された世界、並行世界について研究している研究所で暦は栞と出会う。

 

そこから親睦を深め、愛し合う関係になる2人だが、そんなあるとき、2人の両親が再婚しあい、2人は兄弟に。そんな現実が認められず、2人は並行世界に逃げるのだが、その先で栞は交通事故で還らぬ人となってしまう。

元の世界に1人戻って来た暦はなんとか彼女を救えないかと奔走する。

 

 

さて、どんな話かある程度説明したところで、いつも通りこの話のオススメポイントを上げて行こう!

 

 

1.斬新

1巻目の続きとして2巻目が出るって話は何処にでもある有り触れた話ですが、この作品は違います。

 

どちらから読んでも楽しめるため、一巻、二巻という区切りはありません。

また読み始める話によって読み終わった時の気持ちも違うと思います。

 

ちなみに私は紹介した順に読んだのですが、心おだやかな形で読破できました。

 

2.異なる愛

これら二作品はそれぞれ同じ主人公が、別の人物に恋するわけですが、その形は全然違います。

二種類の恋愛観が楽しめる作品となっております。

 

3.難しいようで簡単

並行世界の説明やそれに適応した機械の説明があり、専門知識がないときつそうなイメージもありますが、そうでもありません。

例えが分かりやすく、読者への配慮がきちんとされているように感じます。

 

 

4.タイトル

タイトルが深いです。

何が深いとは言いません。読んで確認してください。

 

 

さてさて、どうでしたか?

二巻ある作品なので金銭的な面では問題がある作品かもしれませんが、とにかく面白いです。

 

是非読んでみてください!